動物のイラストの描き方

うさぎのキャラクターイラストの簡単な描き方と全身の色塗り

スポンサーリンク

かわいいうさぎのデフォルメキャラクターイラストの簡単な描き方です。

リアルなうさぎではなく、ゆるい感じの縫いぐるみっぽいウサギのイラストです。

 

ウサギの全身を描くための身体の描き方や、簡単に塗れる色塗りの塗り方を紹介しています。
兎のイラストは至るところで使えると思いますので、簡単な描き方を覚えておくと便利です♪

スポンサーリンク

うさぎのキャラクターイラストの簡単な描き方

まずは、角を丸くした台形のような形を描きます。

 

これがウサギのイラストの輪郭になります。
顔の輪郭はまん丸でも良いのですが、下に向かって広がっていくような形の方がかわいい輪郭になります。

 

次は、頭の上にウサギの耳を2つ描きます。

 

 

ウサギの耳は尖らさせても尖らせなくてもどっちでも良いのですが、今回は縫いぐるみっぽいキャラクターイラストにしたかったので、ウサギの耳をピンと尖らせた形にしました。

 

ウサギの耳がかけたら、耳の中に一回り小さい耳の形と同じ模様を描きます。

 

 

次は、ウサギの顔の真ん中辺りに目を2つ描きます。

 

 

ミッフィーちゃんみたい…。
うさぎの目は、離れ目にした方がかわいくなります。

 

目が描けたら、目の少し下の位置の真ん中に横幅の広い丸を。
頬の位置にまん丸を2つ描きます。

 

 

ウサギの鼻から、逆さまになった噴水のような形を描きます。

 

 

このままでも十分ウサギのキャラクターイラストになっているのですが、黒目の中に光を入れた方がかわいくなるので、目の黒丸の上に小さな白い丸を描きます。

 

 

これでウサギのイラストの完成!

わたしはパソコンを使って描いているので、目を描くときに黒丸を描いた後に白い丸を描きましたが、手書きの場合は黒丸にした部分は先に塗りつぶさずに形を描くだけにして、白い丸を描いてから残りの部分を黒く塗りつぶすのがおすすめです。

スポンサーリンク

うさぎのキャラクターイラストの全身の描き方

ウサギの顔がかけたので、次は全身イラストにするために身体を描きます。

 

まずは、顔の半分くらいの細さで、下に向かって広がっていく丸のような形を描きます。

 

 

次は、兎の手を描きます。
兎の手は、平行線を引いて、手の先に細めの円を描きます。

 

 

最後は足。
足も、顔や胴体と同じように、下に向かって広がっていく台形のような形を描きます。

 

 

このままでも全身イラストはほど完成しているのですが、色塗りの時に単色になってしまうので、足に模様を描きました。

 

 

これで、ウサギのキャラクターイラストの全身が出来上がりました!

うさぎのキャラクターイラストを簡単に色塗り

それでは、せっかくなのでウサギのイラストにも色を塗っていきましょう。

 

まずは、身体や顔全体の色から。

 

 

全体の色は、白・薄ピンク・薄い茶色…色々と合いそうな色があるのですが、今回は何にでも合わせやすいグレーにしました。

 

次は、手と足と鼻に肌色を塗ります。

 

 

最後に頬と耳をピンク色で塗って…。

 

 

ウサギのキャラクターイラストの色塗りが完成しました!
色塗りはめっちゃ簡単!使った色はたった3色です。色鉛筆やクレヨンで描くときなんかもかなり簡単に描けますよ。

うさぎのキャラクターイラストの簡単な描き方まとめ

ウサギのキャラクターイラストの簡単な描き方でした。

 

うさぎのキャラクターは、子供さん用のプリントの挿絵やメッセージカードの挿絵としても使えますし、色々な場面で使っていただけます。
まだまだ先だけど年賀状の絵にも使えるかもですね~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサーリンク
イラスト検索
日本ブログ村

↓ブログ村のランキングに参加中です↓

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

カテゴリー
最近の投稿
話題別
人気の投稿とページ