SAI 初心者編

SAIのレイヤーの使い方は?下書きする時の増やし方や分け方


スポンサーリンク

SAIをダウンロードしてから、やっとイラストの下書きを描き始めたんだけど…。

 

なんか、下書きの線がごちゃごちゃになっちゃうな~。

アナログイラストの下書きなら鉛筆で描いた線を消しゴムで消したり線を薄くしたりしながら描いていくんだけど…。

 

デジ絵だと、消す予定じゃなかった線まで全部消えちゃったりするし…。
消した後が残らないから、やっぱり書き直す前の線の方が良かった!って時もあるし…。

せっかくデジタルで描いてるんだからレイヤー使えば良いのに。

レイヤー…ってのがよく分からなくて。
レイヤーを触れば触るほど訳が分からなくなっちゃうんだ。

あー、分かる。
レイヤーって最初に覚えなくちゃいけないんだけど、よく分からないんだよね。

 

でも、色塗りに入るときは、もっとレイヤーを使う事になるから、下書きの段階である程度覚えておいた方が便利だよ。
レイヤーを分からないまま色塗りすると、もっと分からないことになるしね。

なので、今日は、

 

・レイヤーとは何か
・レイヤーの使い方
・レイヤーの使い分け

 

について説明していきます!

スポンサーリンク

SAIのレイヤーの使い方は?

レイヤーの使い方を紹介する前に…。
そもそも、レイヤーって何なのか?の説明をします。

 

イラストを描くとき、アナログで描くのなら紙が必要になりますよね。
その「紙」がデジタルイラストで言うレイヤーになります。

 

ただ、紙は下地の色が白になっていることが多いのですが、レイヤーの場合は下地の色が透明になっています。
なので、透明のフィルムの上にイラストを描いているというイメージをした方が近いかと思います。

 

デジ絵の良いところは、紙で描くアナログイラストと違って、レイヤーをいくつも追加することが出来ることです。
紙で描くときは、アタリ・下書き・線画・色塗りを全て同じ紙に描く事になるので、せっかく線画までい綺麗に出来たのに色塗りで失敗してしまった!という時に修正が出来ずに残念なことになりますが、デジタルイラストの場合は何度でも修正可能です。

 

レイヤーの使い方の1番最初に覚えておくことは、レイヤーを増やすこと。
まずはこの作業を分かっていないと、他の作業も分からないままになってしまいますので、まずはレイヤーの追加から試してみましょう!

SAIのレイヤーは増やして使おう!

それでは、「SAIのレイヤーを増やす」を覚えていきましょう!

レイヤーの操作が出来るのは、こちらで紹介する画像の左端の赤で囲った部分と上のメニューバーの「レイヤー」をクリックした部分から操作できます。

 

 

メニューバーの「レイヤー」から「新規レイヤー(カラー)」を選んでも、レイヤーを増やすことが出来るのですが、せっかくなので時間短縮!
レイヤー操作パネルの左端にある、紙のイラストが描かれているマークを押します。

 

 

すると…。

スポンサーリンク

 

 

レイヤーが追加されました!
めっちゃ簡単ですよね!

 

紙のイラストが描かれているアイコンのとなりの、紙とペンのイラストが描かれているアイコンは、ペン入れレイヤーを追加する為のボタンですので、これは線画を描くときに使います。

レイヤーを増やした時は、追加された状態の「レイヤー1」のままでも問題ないのですが、レイヤーを追加していくと、レイヤー1に何を描いていたのか…というのがよく分からなくなってしまうこともあります。

なので、とりあえずレイヤーの名前を変えてしまいます!

まずは、レイヤーパネルの中の「レイヤー1」と書かれている部分をダブルクリックすると…。

 

 

このような画面が出てきますので、レイヤー名の「レイヤー1」を消して、名称を「アタリ」や「下書き」のように変更すると、それぞれのレイヤーに何を描いていたのか…が、分からなくなるということもなくなりますよ。

レイヤーが不要になったときは、ゴミ箱のマークをクリック。

 

レイヤーを白紙にしたいときは、消しゴムマークをクリックするとレイヤー内に描かれているイラストを全て消すことが出来ます。

 

 

レイヤーの使い方はまだまだ覚えることがたくさんありますが、とりあえずは基本中の基本だけを紹介と言うことで。

SAIで下書きする時のおすすめのレイヤーの分け方

デジ絵で下書きを描くとき、アタリなんかを描かなくてもスラスラかけるタイプの人なら、下書きレイヤーも1枚で何の問題もないと思うんですけど…。

 

わたしは、アタリを描かないと下書きを上手く描けないし…。

下書きも、顔と身体を一緒に描いてしまうと、身体だけを変更したいときに結構消しゴムをかけるのが面倒に感じるタイプなので…。

 

たとえば、このブログのイメージキャラクターのサイ子ちゃんのような簡単なイラストを描く場合でも、3枚はレイヤーを使います。

 

1枚目にアタリを描いて。
2枚目に顔を描いて。
3枚目に身体を描きます。

 

 

こうして分けておくことで、アタリが不要になったらすぐにレイヤーを消すことも出来ますし、顔はそのままで良いけどポーズを変えたくなったという場合でも、ボタン1つで身体だけ消すことも出来ます。

 

っていうか、このサイ子ちゃん、身体がデカくてキモくない…?
まぁ、そういうときも、後々やり方を紹介しますが、身体だけ小さく変更したりも出来ますので、顔と身体のレイヤーを分けておくのは便利です。

 

簡単なキャラクターなら3枚になりますが、アニメキャラのようなキャラクターイラストを描くときは、

 

・アタリ
・顔
・身体
・服
・髪

 

のようにさらに細かく分けています。
髪や服は、いろんなパターンを下書きの段階で描いてしまって、1番キャラクターに似合う服装や髪型を選んだりすることが出来るので、すごく楽しい作業になりますよ~♪

 

せっかくのデジタルイラストですので、アナログにはない便利な使い方を試してみるのが良いと思います。

SAIで下書きをする時のレイヤーの使い方まとめ

そっか~。
こんな風に下書きでもレイヤーを使い分けることによって、下書きがごちゃごちゃになるっていう悩みが解消できるんだね。

そうそう。

わたしは、最初、下書きをSAIで描くのが難しくて、紙に描いたイラストをスキャナーで取り込んでたんだけど…。

こんな風に下書きでもレイヤーを使い分けると、下書きもアナログより断然楽になるよ。

レイヤーって、色塗りをする時はもっと重要になるんだもんね。
とりあえずレイヤーの基本の使い方を覚えるついでに下書きも書き進めていくよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサーリンク
イラスト検索
登場人物紹介

ひいろです。

パソコンでお絵かきをするのが大好き。
イラストを描いたり塗り絵や無料素材を作ったりしています。
ペイントソフトはSAIを使っているので初心者用のSAI講座も作成中。

サイ子ちゃん。

お絵かき好きのサイの女の子。
デジタルイラスト初心者でSAIを使ってイラストの練習中。
SAI講座に出没。

カテゴリー
最近の投稿
日本ブログ村

↓ブログ村のランキングに参加中です↓

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

人気の投稿とページ
話題別