季節のイラストの描き方

カーネーションイラストの簡単な描き方と色塗り リボンを描いて母の日っぽく

スポンサーリンク

5月にある大きなイベントといえば花の日!
母の日のイラストで定番なのは、やっぱりカーネーションですよね。

 

この記事では、手書きでも簡単に描けるカーネーションの描き方を紹介します。
色塗りと母の日らしくなるようにリボンを付けたカーネーションの描き方も紹介しています。

スポンサーリンク

カーネーションイラストの簡単な描き方

まずは、手前の花びらを描きます。
カーネーションの花びらは、先がギザギザしているので、先がギザギザしている花びらを2枚描きます。

 

 

次は、真ん中の部分に大きめの花びらを描きます。
ちょっと大きめのチューリップみたいな形で。

 

 

形は左右対称にするよりは、左右非対称にした方が綺麗になります。

 

次は、1番手前の花びらを描きます。
横幅を長く、縦に短く。

 

 

そして、サイドの花びらを描きます。

 

 

ここまで描けたら、奥の花びらを描きます。

 

 

横に広がり過ぎないように、最初に描いた2枚の花びらと同じくらいの幅になるようにします。

 

最後に、奥の花びらを描いて花のバランスを取ります。

 

 

サイドの花びらと同じくらいの大きさになるようにすると、カーネーションのお花が綺麗にまとまります。
これで、花は完成!

 

次は、カーネーションの花に茎と葉を描いていきます。

花と茎を繋ぐ部分を描きます。

 

 

形は左右対称になっていなくても、歪んでいてもOK。
どうせ茎を描いたら歪みは分からなくなります。

スポンサーリンク

 

次は、カーネーションの茎を描きます。

 

 

茎は真っ直ぐに描くよりも、曲線にした方がお花らしくなります。

 

最後に、カーネーションの茎の両端に葉っぱを描いて…。

 

 

カーネーションの完成です!
カーネーションの葉っぱは、大きめに描くよりも花の横幅よりも少し大きめ…くらいの大きさにした方が綺麗になります。

カーネーションのイラストに色塗り

カーネーションのイラストが描けたので、色を塗っていきます。

 

やっぱり母の日のカーネーションといえば赤色。
花びらは赤で塗っていきます。

 

 

ピンク色でもかわいいかも。

 

次は、茎の部分を緑色で塗ります。

 

 

色鉛筆やクレヨンで塗るときは、暗めの緑色だと花全体が暗いイメージになってしまうので、緑色よりも黄緑色がおすすめ。

 

これで、カーネーションの色塗りは完成!

花の色と茎の色の2色あれば簡単に塗ることができます。

カーネーションのイラストにリボンを付けて母の日らしく

先ほどのカーネーションをさらに母の日らしくするために、リボンを描きます♪

 

カーネーションの茎の部分に、こんな感じの細めのリボンを大きめに描きます。

 

 

リボンの形はこれでOK。

 

最後に色を塗るのですが、リボンの色は好きな色で良いのですが、カーネーションと同じ赤色で塗ると、クリスマスカラーっぽくなってしまったので、少し色を変えたピンク色にしました。

 

 

これで、母の日用のカーネーションのイラストは完成です。
手描きで簡単に描けるイラストですので、是非描いてみてくださいね~♪

カーネーションのイラストの描き方まとめ

以上が、簡単に描けるカーネーションの描き方でした。
手書きでメッセージカードを描くときや手紙の挿絵におすすめ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサーリンク
イラスト検索
日本ブログ村

↓ブログ村のランキングに参加中です↓

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

カテゴリー
最近の投稿
話題別
人気の投稿とページ